このブログは旅日記となっていますので、初めて訪れた方は面倒ですが、一番古い更新から見られたほうがより楽しめると思います!

外国語を習得するために必要なこと


イタリア・フランス・ドイツはやっぱり一人旅で!!

ご無沙汰してます。前の更新より大分時間が空いてしまいましたね。

居たり・フランス・ドイツに一人旅をしたのは大学3年生のときですから、もうそこから5年あまりの歳月がたったことになりますね。

いや、本当に月日が立つのは早い・・・・。(その間に結婚までしちゃいました)

社会人になった今、また一人旅、しかも近場ではなくヨーロッパという遠方へということになると、時間とお金が無くて非常に難しくなってしまいましたね。

いや〜、さびしいもんです。

しかし、一人旅はまたいつかしたいです!凡人なりに夢は見続けるぞ!

さて、再開宣言をしたところで、今日はひとつご案内を。


外国語も全く習得せず、挙句の果てに辞書も一人旅に忘れていった私ですが、もちろん出来ることなら外国語を習得してから行きたかったです。

一人旅をしたいと思っている方の中にも語学を習得して一人旅でバリバリ使いたいと思っている方もいるかもしれません。

では、どうすれば語学が習得できるのか?

巷には多くの参考書が出ていますが、本質的な「勉強方法、心構え」については学んでいますか?

もし、上の質問にノーと答えてしまう方はFacebookにて「留学せずに7ヵ月後をマスターした物語」という文言で検索してみてください。

私の恩師にあたる方が記事をあげているのですが、非常に参考になりますよ☆

ぜひご一読を!!


それではまた!(^o^)

お薦めの蕎麦


イタリア・フランス・ドイツはやっぱり一人旅で!

お久しぶりです。

今日はイタリア・フランス・ドイツの一人旅とは全く関係ない記事です。


蕎麦です。


蕎麦なのです。(どーん)


イタリア・フランス・ドイツの一人旅の時に本場の海外食に触れ、元々洋食が好きだった私はさらに洋食が好きになったのではありますが、同時に日本食も好きになりました!


恐らく海外で食事をした人間は反対に、自分が今まで食べていた日本食の繊細さ・美味さを改めて実感できるでしょう。


ま、余談はこれくらいにして。


その日本食の中でも私は蕎麦というものに最近はまっています。


美味さももちろんですが、それでいてダイエットに適していて栄養分もたっぷり。


そばは、たんぱく質や食物繊維が豊富に含まれていて、
アミノ酸もバランスよく含まれている栄養価の高い食品らしいです。
それに、そばに含まれるでんぷんは非常に消化が良いのが特徴でもあります。(お通じに効きそうですな)

次に、そばはルチンというビタミンPの一種を含んでいます。

これは、毛細血管を丈夫にする働きがあると言われています。ですので、高血圧や脳卒中などの予防になるとされています。


その上、ビタミンB1は、糖質の代謝を高めてくれ、疲労回復に有効とされています。胃腸を強くする効果もあると言われ、便秘や下痢にも有効とされています。





・・・・ま、効能は語りだすときりがないのでこのくらいで・・・。




ま、美味しさに加えて上記のような効能まで含んでいるんだから蕎麦はやめられない!!




ただ。


実際市販されている蕎麦ってまずくないですか?

美味いものに当たったことないんですけど・・・・・。



市販のものはまずくて家で作れないので、いつも蕎麦屋へ行ってました。
(名古屋駅の近くに美味しい蕎麦屋があるんですね、これが・・・)




しかし、先日実家に行った際にめちゃくちゃ美味しい蕎麦に出会ったんです!!


親がスーパーから買ってきて家で調理してくれたんですが、まるで美味い蕎麦屋にいるような錯覚を思わせるくらいの美味さ。

後に飲む蕎麦湯まで美味い。



これはいったい・・・・・。



ということで早速楽天で調べて見つけたのがこれ↓↓






ゆふいん麺工房!!!



この店の生そばがとてつもなく美味い!


「家で作る蕎麦がうまいはずない」


そう思っている方はぜひ一度騙されたと思って買って欲しい!!


ちなみに湯で時間5分とあるが、ベストの調理時間は3分。


全国の蕎麦好きがどこかからこのブログを見て美味しい蕎麦を家で食べれることを願ってこの記事をアップします。






変な記事・・・・・。(でも、とにかく美味いのだ)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

キャッシングの制限