このブログは旅日記となっていますので、初めて訪れた方は面倒ですが、一番古い更新から見られたほうがより楽しめると思います!

ローマの休日のあらすじ勉強


へい、Guys!!!


こんにちは、ナッパです。


(前回までのあらすじ)
ローマにたどり着いたナッパは骸骨寺やコロッセオなどローマの観光スポットを回りつつ、順調に楽しんでいた。

そこで「次はどこを回ろうか」と考えたとき、旅行者のバイブル「地球の歩き方 ヨーロッパ編」の「テーマのある旅」ページ(つまり、こんなテーマで旅行してみれば?と地球の歩き方がお勧めするページ)で「映画『ローマの休日』の舞台を回ろう」というテーマが紹介されているのを見る。

世界的映画と呼ばれるその映画さえ知らないナッパは、まずその前に勉強するところから始めなければならなかった・・・・・。






ということで今回は基本中の基本「あらすじ」を調べてみた。


wikipediaから転載してみた。



『ローマの休日』は王女と新聞記者との切ない1日の恋を描いている。トレビの泉や真実の口など、永遠の都・ローマの名だたる観光スポットを登場させていることでも有名である。


(あらすじ )

ヨーロッパきっての古い歴史と伝統を持つ某国の王女アンは、ヨーロッパ各国を表敬訪問中である。


「あ〜!っつーか、ダリーよ。マジで↓↓早く家帰ってDSで脳トレしたいわ」


すでに退屈さから不満がたまり始めていたが、最後の滞在国であるイタリアのローマで、過密なスケジュールと自由のない生活への不満がついに爆発し、アンはヒステリーを起こしてしまう。




「アッーーーー!ンギモッチワルイ!!ンギモッチワルイ!!!」






その夜、密かに警備の者をスクリューパイルドライバーでピヨピヨ状態にしたうえで城を抜けだした王女は、直前に打たれていた鎮静剤のせいで無防備にも路傍のベンチでうとうとしはじめる。


「くっ・・・ぜったい私は寝zzzzzz」


そこに通りかかったのが、アメリカ人新聞記者であり、年末ジャンボ宝くじに今年もかすりもしなかったジョー・ブラッドレーだった。下心80%、誠意20%で介抱するうち、いつの間にか王女はジョーのアパートまでついて来てしまう。 ちなみに、ジョーのアパートの家賃は3万4,000円。激安である。



翌朝になって彼女の素性に気づいたジョーは、王女の秘密のローマ体験という大スクープをモノにしようと、職業を偽ってどうにか王女を連れ歩くことに成功する。


アンはまず美容院で髪の毛を短くしスキンヘッドにして、スペイン広場でジェラート(キャベツ味)を食べ、ジョーとベスパに二人乗りしてローマ中を廻り、真実の口を訪れ…。


その様子を友人のカメラマン、アーヴィングが次々にスクープ写真を撮っていくうち、自由を生き生きと満喫するアン王女とジョーの距離は次第に近づいていくのだった。

いつの間にかジョーは自分が年末ジャンボ宝くじにかすりもしなかったことを忘れていた。


いつの間にかアンはDSをしようと思っていたことを忘れていた。



これがローマの休日のあらすじです。

ローマの休日のお勉強♪


イタリアを舞台にした映画の中で世界中知らないものはいないというほどの映画。



それが「ローマの休日」である。



というように言われているが、もちろん



俺は見たことがない(どーん)




明日は「ローマの休日のロケツアー記」なるものを書こうと思っている右斜め上


実は「地球の歩き方 ヨーロッパ編」には「『ローマの休日』の舞台を訪ねて」というタイトルで、ローマの休日の舞台を紹介しているページがあるいい気分(温泉)


世界的映画のロケ地を回れる至福の時を読者に提供しようという粋なページであるトイレ


やるな、地球の歩き方。

そのページの冒頭には


「世界中の人から愛されている映画『ローマの休日』

宮殿を抜け出し、普通の人に混じってローマの街を歩いたアン王女の幸せいっぱいの気分は、初めてローマを訪れたあなたと同じ。

好奇心いっぱい、ローマの1日を楽しもう」



まさに胸キュンパラグラフとはこのこと。



(注)

胸キュンパラグラフ

・・・・・一般の女性の内面に80%という高確率で見られる要素「乙女部分」を刺激する、―つまり胸キュンする―、文体のこと。主な用法として以下のようなものがある。


「聞いて聞いて。この前憧れの先輩にこう言われたの、

『お前はほんと、しょうがねえやつだなぁ。まあそういうところが可愛いんだけどな』」



「それ、マジ胸キュンパラグラフ」


※当ブログ以外では使用されることはない。




載っている観光地は以下のとおり。




●スペイン広場

●マルグッタ通りとコンドッティ通り

●真実の口(ボッカ・デッラ・ヴェリタ)

●サンタンジェロ城





・・・とにかくそういうことなので。



ロケ地ツアーを当ブログで敢行する前に


件(くだん)の映画「ローマの休日」とは何ぞ!?



というところからはじめたい。



ちなみに、



実際に俺がロケ地ツアーを敢行した時は事前に勉強し忘れたということにはツッコまないでほしい。



では明日はその内容に詳しく迫っていこう。





水野晴郎 画像.jpg

いや〜ほんと映画っていいもんですね。



応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

リンクのブログもぜひ見ていってくださいね!!(^ω^)面白く、ためになるものばかりです♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

キャッシングの制限