このブログは旅日記となっていますので、初めて訪れた方は面倒ですが、一番古い更新から見られたほうがより楽しめると思います!

宿のタイムリミット


09924ebd.bmp

トラベるセンターの係員(美輪さん似)

「空いてないのよね、この時期。ここも観光で売ってるからさァ。泊まるなら早めに予約しとかないと。あぁ〜いいメンズいねえかなァ」







・・・・・・しゅん。





というわけで、憧れのバッハラッハという街には滞在できませんでした。



ここから僕は、「一人旅で絶対気をつけるべきこと」を学んだので、今日は一人旅をしたいと思っている人にそれをぜひ知ってもらうべく、記事を書きます。







バッハラッハで宿が無いと言われたとき、時間はまだ午後三時でした。

しかし、これは一人旅の都合上次の街に移りはじめないといけません。





最初の方のフランクフルトでの宿泊の時に学んだことがあるのですが、それは

午後五時までにホテルは決定しておけ


というものでした。



一人旅ではどこの街に行くのか、その街のどこを回るのか、昼食、晩飯はどこで食うか、明日はどこに移るかを考えつつ、行かなければなりません。


そんな予定決定の時に、一番重要なのは「宿が取れているどうか」なんです。



宿が取れていなければ話になりません。


ホテル探しは観光名所ですと、午前中または午後二時くらまでに行っておきたいものです。


ヨーロッパは自分のようなバックパッカーが多く、僕と同じようにホテルは遅くなってから探せばいいやと考える人が多く、夕方以降になると、安ホテルは争奪戦となり、恐ろしいほど宿が空きませんがく〜(落胆した顔)

逆に、一泊ぐらいでみんな去っていくので朝〜午後2時ぐらいはみんなが出てったばかりで部屋が空いているのです。


ホテルが取れてないと、全ての予定が立てれず、ご飯を食うところも適当でいいやとなり、旅自体が時間に追われてしまい、台無しのものとなってしまいます。



よって、


一日の観光時間は午後三時から次の日の昼二時ごろまでですね。

そして、午後三時には次の街に移ってホテル探しをしましょう。

このことに「ホテル取りの時間帯」に気づいて僕の旅はすごいスムーズになったので、みなさんも参考にしてくださいねるんるん


では、今日はこの辺でいい気分(温泉)


ランキング参加中ぴかぴか(新しい)応援クリックお願いします揺れるハート
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プレゼントお陰さまで四位プレゼント

出発!!


P9040001.jpg



ついに出発です!ここまで長かった…(;−−)

「世界の先進国の一つであり、見所もたくさんあるヨーロッパに行って、“世界”を見てくるよ、じっちゃん!!」

と心に誓ったのがもう四年前。高校3年の春です。

(ちなみにじっちゃんはいない)


これは親父の大学時代の恩師が我が家にカムした時のこと。


恩師「ギフトの子よ(“ギフトの子”は俺の通り名)、旅に出なさい。それも一人旅にね。」



俺「ひでぶっ!!(=わかりました!“世界”というものがまだ若輩の私にはわかりませんが、行ったら変わると貴方が言うのなら、行って見せます!必ず)」



とわずか12秒ほどの会話で決めたのでした。


それから4年間、バイトに貯金に大学生活に恋…は無かったけれども、色々なことをして、貯めました!!


50万円!!


さあ、行くぞ!


…と意気込んだのもつかの間。


「九州一の行動遅漏者」と呼ばれるこの俺様。もちろん出発予定日の一週間前になって航空券が取れてない。

九州一の行動遅漏者の名前は伊達ではない。


しかし、俺の素晴らしき人間関係力によって築きあげてきた友達(ここではスケバンと呼んでおこう)が俺のピンチに駆けつけてくれた!!さあ、行くぜ、野郎ど・・・・


スケバン「つべこべ言わずに早く旅行代理店行くよっっ!(殺)」


俺「はい。」


そして、何とか航空券は取れました。


当日。


俺「空港で荷物は預けたし、後はフィンランド航空に乗るだけ♪僕イケメーーンン!!!!」

思いっきりマイソウルをシャウトしてしまう俺。まあ、旅の恥は掻き捨てと言いますし。(ここはまだ日本)


やけに熟女揃いのフィンランド航空にて18時間フライトを経てたどり着いたはドイツ・フランクフルト空港。


しかし、気づいたことが…(続く)




http://ping.blogmura.com/xmlrpc/vdr9ud9td5xg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

キャッシングの制限