このブログは旅日記となっていますので、初めて訪れた方は面倒ですが、一番古い更新から見られたほうがより楽しめると思います!

マインツの見納め


P9060089.jpg



とてつもなくでかい大聖堂を堪能した僕でした。(本当にメルヘンチックな建物だな)



他にどこへ行こうかと思ってたところへ。



P9060088.jpg


「グーテンベルク博物館」という看板が。

グーテンベルク

ドイツのマインツに生まれる。

西洋における活版印刷の発明者。金属活字を用いた活版印刷術は、羅針盤、火薬と並んでルネサンス三大発明の一つに数えられる。




という人でした。世界史をやってた人は覚えてるでしょうが、暗記必須でしたよねwwwww



そのグーテンベルクにまつわる博物館で、中には当時の活版印刷機があり、それを館員の人が実際に目の前で動かしてくれるコーナーもあったようです。


こっちに来て思ったのは博物館にエンターテイメント性があるなあ、ということでしたね。来客を楽しませようとする。そういう精神が強くあるようです。


僕はというと、上で印刷機ばかり見てました(爆

写真をアップしたいところですが、中は撮影禁止でしたバッド(下向き矢印)

畜生!!!

P9060090.jpg


ということで見るものも見たので、マインツ駅へ行き、次の目的地へ。



次はナッパ最高の推薦、みなさんご存知のあの街です!(たぶん、あまり知らない)


お楽しみに!!!(^^)



応援クリック、よろしくお願いします!!(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



初・大聖堂


有名どころには必ずある大聖堂ですが、僕はフランクフルトで「工事中」という事態に遭遇しましてたらーっ(汗)

大聖堂はマインツで初めてなのです。ドキワクッッexclamation×2exclamation×2




P9060080.jpg
どーん




さすがにでかいし、やっぱ教会最高!!!



Ya-----Ha-----exclamation×2








・・・・・・・・ん?





P9060081.jpg


なんかこの人見たことある気が…



P9060082.jpg




ボニファティウス!?


ってあの世界史に出てくる教皇の?




へえ〜さすがに違いまんな〜。本物は。








とにかく入ろう。


っと、その前にひらめき




(マインツの大聖堂)

→ヴィリゲス大司教によって975年に起工され、1239年に完成した。マインツの大司教は、トリアー、ケルン、の大司教とともに代々神聖ローマ帝国の選帝侯であったため、その権威は高く、この大聖堂もトリアー、ケルンと並んでドイツ三大聖堂のひとつとして数えられる。西側と東側に内陣があり、その先に内庭回廊がある。





ぎいぃ…






で、でっけ〜〜〜〜exclamation×2(教会の中では静かに)




P9060083.jpg



ひ、広えぇぇーーーーexclamation×2(教会の中では静かに)


P9060085.jpg


厳か〜〜〜〜〜(教会の中ではしz(中略))



P9060086.jpg





横にドアがあるので入ってみると、






P9060084.jpg


こんなんありました。


これがさっき言ってた内庭回廊か。





ちょっとお城チックだなぴかぴか(新しい)




本当に感動した!!昨日のザンクト・シュテファン教会にはかなわないけど、大聖堂ってのはいいもんだ。



あとは暗い中で手ブレ補修機能もなく、勝手に夜景モードになるこのカメラをなんとか使いこなさないち・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)






では今日はこのへんで。




にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

みなさまのクリックのおかげでうなぎのぼりにランキングが上がっています!!ありがとうございます!もしクリックする時間があったら上のタグをクリックしてやってください(^^)喜びます。僕が。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

キャッシングの制限