このブログは旅日記となっていますので、初めて訪れた方は面倒ですが、一番古い更新から見られたほうがより楽しめると思います!

初めてのドイツビール


P9070190.jpg
ジャン!


ということで、ザンクト・ゴアールにやってまいりました。





街中はこんな感じでした。
↓  ↓

P9070189.jpg



第一印象として感じたのは、本当に静かな町だなあということですねいい気分(温泉)もともと人口も相当少ないようですが、なんとなく町にいる人全体がのんびりとしているような・・・本当にリラックスできる町です(^^)


それでいて、何かと自然が多く、後ろには山っぽいのがあったので登ってみたら、非常に見晴らしがよかったですぴかぴか(新しい)




P9070187.jpg




P9070188.jpg



P9070191.jpg
これが噂のローレライ。




P9070192.jpg




ぐううううう。



・・・と、「そろそろ夕飯の時間だ」と腹が泣いてますね黒ハート





今日泊まるところはココexclamation×2
↓ ↓

P9080195.jpg
ホテル、カフェ・ハウザー




ホテルの種類としてはガストホーフと言えるでしょう。


(ガストホーフ)

一階がレストランで、上の階が宿泊が可能な宿。庶民的なところが多く料金も安め。シングル20ユーロぐらいから。レストランがフロントを兼ねているところも少なくない。



料金も安く(22ユーロやったかな?)、サービスもよかったのでオススメです!!そして、下のレストランで食事すると、何か安くなってましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)




で、ご飯を食べようとしていたのですが、


頼んでみたビールにビックリ。




P9070194.jpg



とりあえずひょろ長〜〜〜〜っっ。



ドイツはここのホテルは細めですが、大抵一発で結構な量が注がれますので気をつけましょう(^^;)


味としては甘めでしたね・・・もっと切れ味が欲しいッスね、僕としてはふらふら



まあ、これからおいしいビールに会っていくんですが・・(ニヤニヤ)




では今日はこの辺で!!バイチャ!!


応援クリック、今日もお願いします!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お陰様で三位ですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ザンクト・ゴアール


(前回までのあらすじ)

泊まるところが無かったバッハラッハを去った僕は次の街を目指したのでしたバッド(下向き矢印)


一人旅をする方は宿探し、これを一番に優先してください!!そうしないと、旅が旅でなくなってしまいますexclamation×2たらーっ(汗)野宿とかが旅の醍醐味だという方は別ですが(^^;)




ということで、船に乗り次の街へダッシュ(走り出すさま)



P9070180.jpg







「次の街は、と・・・・・」


一人旅を支える頼れるアニキ、「地球の歩き方 ヨーロッパ編」の出番です。





ペラペラペラ・・・・。





あった!!






ザンクト・ゴアール

ローレライを対岸に見ることができる町として知られているが、小さな教会とわずかな家並みがある小さな町。


ライン川の本当のよさを味わうには、ぜひこんな小さな町での途中下船をおすすめする。



ザンクト・ゴアールの朝は穏やかな船の音で目覚めてゆく。
一部が古城ホテルとなっているラインフェルト城の砲座からは、対岸のザンクト・ゴアルスハウゼンにあるブルク・カッソ(ネコ城)や、ブルク・マウス(ネズミ城)が望める。」



とありました。なかなか落ち着いていていい町のようです。


実際、旅をしてみて思ったんですが、都会より田舎町の方が落ち着けて、飯もうまく、色々なものが安い気がします。

ですので、観光名所ばかり回るのもいいと思いますが、みなさんもこういう田舎町を一度見てみるのもオススメしますね、僕は(^^)





ちなみに、「ローレライって何?」という方に説明をファーストフード



ローレライ(Loreley)とは、ライン川流域の町ザンクト・ゴアルスハウゼン近くにある、水面から130mほど突き出た岩山のことであり、スイスと北海をつなぐこの河川でも一番狭いところにある。

流れが速く、水面下に多くの岩が潜んでいるため、かつては航行中の多くの舟が事故を起こした場所である。現在は幾度にも渡る工事により大型船が航行できるまでに川幅が広げられている。ちなみに、ここはローレライ伝説で有名な場所でもある。


(ローレライ伝説について)


上述のようにローレライ付近が航行の難所であったことが、ローレライにたたずむ金色の櫛を持った美しい少女に船頭が魅せられると船が川の渦の中に飲み込まれてしまう、という魔女伝説に変化したものである。


ローレライ.jpg



もう、僕はですね・・・・・



伝説という言葉にメッチャ弱いんですよっっ!!!!!!



そう言われる地に一度行ってみたかったんですが、こんなところで出会えるとは・・・・ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


P9070190.jpg

ということで、ザンクト・ゴアールにやってまいりましたexclamation×2


中身の紹介をしたいところですが、今日はここまで勘弁してください(^^;)明日また更新します!!


(続く)


みなさまのクリックのお陰でヨーロッパ旅行部門三位になりましたーーexclamation×2exclamation×2ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

一位を目指したいので、今日もどうか応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

キャッシングの制限